トップ

経営に詳しくなる豆知識

経営って本当に役立つ

若手経営者ほど経営能力がある

企業は様々な指針や理念などにより、それぞれに独自で経営がおこなわれています。どの企業も特徴があり、似たような指針や理念はあるかもしれませんが、全く同じものはなかなかないものです。しかし、ある程度の型とも言えるような、先人の知恵はあるもので、知恵と能力を駆使して企業を発展させている人たちもいるのです。若手経営者はそのあたりのさじ加減が欠けているのではと考えてしまう人もいるかもしれません。しかし、何にも縛られないフレッシュな経営の能力を発揮できるのは、若手経営者ならではないでしょうか。今までにない発想で、新たな企業の型を作り出してくれるかもしれないのです。

若手経営者に求めたい本当の能力

若手経営者というと、自分で起業した人と親御さんから世襲した人の二種類の人たちがいるのではないでしょうか。親からの世襲の若手経営者の場合は、特にその能力では本物が求められます。大切に扱われ、持ち上げられ育てられることが多いはずですので、経営に関する王道は踏んでいるし、それなりの経営学も身に着けているはずですが、現実の事業推進では、自ら心がけなくてはならないことがあります。それは、物づくりであれば現場経験を積めということと、営業ということであれば前線での経験を積めということです。現場と前線での苦労した経験は、その人に事業のセンスを備えさせます。その身に付いたセンスこそが何よりの能力になるはずなのです。

↑PAGE TOP

© Copyright 経営に詳しくなる豆知識. All rights reserved.